contents

無印良品 ポリプロピレン窓付き蛍光ペンを使ってみた使用感


管理人が一番初めに資格試験勉強中に参考書にマーカーを引くために便利だなと思って使い始めたのが窓付きマーカーです。その後、描きやすくて安いゼブラのOPTEX(オプテックス)を使用していましたが、無印良品店舗に行った際に、見つけてしまったため懐かしくて購入しました。

窓付き蛍光ペンはアイデアマーカーで、本や印刷された紙面などの文章中の1文字だけを簡単にマーカーできる優れものです。


主な仕様


原産国 日本

※上記は株式会社良品計画ネットストアホームページ
http://www.muji.net/store/より抜粋


無印良品が提案するシンプルなマーカー


無印良品 ポリプロピレン窓付き蛍光ペンは無印良品デザインのシンプルな蛍光マーカーです。他のペンなどに比べると若干安っぽさを感じるつくるかなと思います。

ポリプロピレン窓付き蛍光ペンのOEM元は、三菱鉛筆のuniシリーズのPROPUS(プロパス)で、この窓付きというマーカーを開発して世の中に送り出したのが2000年ですので、かなり時間が経ってから無印良品がOEMをしたことになります。

価格は普通
無印良品の販売するポリプロピレン窓付き蛍光ペンは105円ですが、OEM元のuni PROPUS(プロパス)も同じく105円です。たくさん販売されているマーカーの中で105円は普通かなと思います。

書きやすさは文句なし
力を入れなくてもサッとかけることは当たり前としても、マーカーをゆっくり描いても、最後を長い時間紙に付けておいても、滲みが少なく液だれしていないのもポイントだと思います。

窓付きであることから窓から見える文字を見ながらマーカーを引きますので、どうしてもゆっくりマーカーを引くことになります。その配慮がインクにもされていることがスゴイと思います。


無印良品 ポリプロピレン窓付き蛍光ペン


ポリプロピレン窓付き蛍光ペン

無印良品 ポリプロピレン窓付き蛍光ペン・ピンク。ポリプロピレンは全体に乳白色で主張せず派手さもありません。


ポリプロピレン窓付き蛍光ペン_太

マーカーの太い方が窓付き蛍光ペンとなっています。


ポリプロピレン窓付き蛍光ペン_細

細ペンの方は通常のマーカーペンです。

スポンサードリンク