contents

誰でも使える事務用品ネット通販


ネット通販とは基本的にインターネットを通じて商品を購入することを言います。

ネット通販は時代が2000年代に入りインターネットの回線速度が飛躍的に上がり、ホームページ上に画質の良い画像が大量に載せられるようになり、Amazon(アマゾン)を代表するインターネット通販ビジネスがはじまります。

同じ頃、会社法人を対象に事務用品をネット通販するアスクルが生まれ、ビジネスとして成立し始めると各社が同じようなシステムを作り、マーケットとして確立しました。

景気が悪くなり副業を認める会社が出始めた頃、社内の事務用品の使い手が減る一方で、エコがより叫ばれるようになり裏紙使用や文房具を最後の最後まで使い切ることが当たり前のようになります。会社法人相手のマーケットが飽和状態になったことから、新たな顧客をさがすべく個人事業主や副業、さらには一般の主婦までをも取り込もうとするサイトが増えていきました。

現在のところ、生鮮食料品までは販売しているところは少ないまでも、小さな会社を始める際に必要な家具、家電、文房具、小物、カップ、お茶請け、生活用品など、ほぼすべてのものがネット通販で揃います。

中途半端な文房具店やホームセンターへ行くよりも、元々会社相手の商売をしていたこともあり、ビジネス系の商品のラインナップは非常に豊富です。

しかし、サイトがたくさんあることから様々な視点から何を得意としているのかを比較して一覧にしました。
うまく当サイトを活用していただけることを願っております。

このサイトを始めたきっかけ


このサイトを運営するきっかけは私の仕事場「色鉛筆がほしい」と言われたことがきっかけでした。ちょっと棚を調べたところ、何色か足りず補充しようとオフィスを出たところで思いました。

「どこに売っているんだ」

ましてや土曜日で街の真ん中。会社相手の文房具店は閉まっています。しかたなく地下鉄を2駅分歩いたところにある3畳ほどの文房具店まで歩きました。

ほんの10年20年前までは都市部であっても田舎であっても小さな文房具店、本屋はあり、簡単に買いにいけました。

しかし今では、都市部では会社相手の文房具店や駅近くにあるロフトや東急ハンズ、丸善などの本屋など数えるほどしかありません。強いて言えばコンビニにも売っていますが、ラインナップが少なく必要な物がそろいません。

田舎に行っても同様で、イオンなどの大型店舗によって町の本屋や文房具店はつぶれて今はありません。自転車で行くには遠い大型ショッピングセンターやホームセンターにしか文房具は売っていません。

文房具販売店は確実に減少しています。

フリーとなった今、時間の使い方は非常に自身の仕事力を左右します。わざわざ、ファイル1冊買うために車を出して買いに行くことはできません。

前日にほしい物をピックアップしておけば、翌日持ってきてくれる。会社と同様のサービスを受けられるサイトの存在は今では不可欠です。自分の勉強をかねてサイトの一覧を作成しました。

当サイトが「事務用品のネット通販」において、疑問をお持ちの方の解決材料になれることを願っております。


ホームページ・ブログ百選
みんなでつなごう相互リンクの輪